Goodfellowは金属、合金、セラミック(高分子)材料、その他のマテリアルを専門に取り扱うサプライヤーです。

Goodfellow

Goodfellow
新着情報

2014年07月22日

科学研究材料・精密材料メーカーのグッドフェロー社、Haydale Graphene Industries社と販売契約を締結(Goodfellow and Haydale Graphene Industries Sign Distribution Agreement)

イギリス、ハンティンドン ... 2014年7月21日
科学・研究向けの材料サプライヤーであるイギリスのグッドフェロー社は7月21日、Haydale Graphene Industries plsと提携を結んだことを明らかにし、同社の官能化グラフェンナノ小板(GNPs)の販売促進と流通を非独占的に行うと発表しました。Haydale社のプラズマ処理工程はグラフェンナノ材料の構造的整合性を保ったままの表面処理仕上げを実現でき、グラフェンの商業利用の障害となっている問題からの回避を可能にするポテンシャルを持っています。

【画像:グラフェンのイメージ図】

グッドフェロー社は手始めに酸素機能化GNPである HDPlas® が2グラム、それぞれ機能が低度、中度、高度の材料をトライアルパックとして提供します。数か月後には、その他のHDPlas®製品群を含む追加製品も販売できるように提供拡大予定です。

非官能性製品と比較して強化された製品パフォーマンス

Haydale社のプラズマ処理工程について

・ナノ材料と幅広いマトリックス、バインダー材料間の互換性を飛躍的に高める
・最終製品の特性とパフォーマンスを最適化する為に適切な分散を促進する
・化学物質の量を顧客のニーズに合わせて調整する事ができ、幅広い定番の化学物質や珍しい化学物質と官能化が可能
・湿式化学を使用せず、処理中の材料にダメージを与えない
・原材料に固有の不純物を取り除き、母材に含まれる不良部分を修復する可能性がある
・環境にやさしい

グッドフェロー社代表取締役のスティーヴン・オルダースレイは、Haydale社との連携はナノ粒子の製品群分野、特にグラフェン系分野でのグッドフェロー社の活動の重要な拡張であるとし、「Haydale社のプラズマ処理は他の官能化方法と比較して重要な利点がある為、重要な研究分野に取り組んでいる弊社のグローバルな顧客に対してこれらの製品の販売促進が出来る事を嬉しく思う」と語っています。

Haydale社CEOのRay Gibbsは、「今回のグッドフェロー社との提携によって、世界中の研究開発に携わる顧客がそれぞれの既存の製品・用途にプラズマ処理材料を取り入れる為の試験分析を行う事が容易になる」と話しています。

グッドフェロー社とは
少量からの提供(数グラムから数キロ)を得意とする、研究、プロトタイプ製作、開発、特別な製造アプリケーション向けの金属・材料サプライヤー。定番製品の一覧はオンラインカタログ(英語:www.goodfellow.com)で閲覧願います。定番製品の他、顧客の依頼にあわせて大量注文やオーダーメイド製品も受注可。グッドフェローグループにはGoodfellow Cambridge Limited(イギリス)、Goodfellow Corporation(アメリカ)、Goodfellow SARL(フランス)、Goodfellow GmbH(ドイツ)とGoodfellow Shanghai(中国)があります。

Haydale Graphene Industries plcとは
南ウェールズ(英国)でグラフェンの商業利用を促進する第一人者。原材料企業・製造企業双方と協働し、インク、センサー、エネルギー貯蔵、太陽電池、ポリマー複合材料、塗料、樹脂、エポキシの分野で用途強化のためのソリューションを迅速かつコスト効率良く提供しています。
###

日本語での問い合わせ先:
日本語版ウェブサイト(www.goodfellow-japan.jp)
グッドフェロー日本代表事務所 (03-5579-9285)

Graphene layer structure model. Monochrome 3d render illustration